朝から昼寝

(ブログ準備中) IT技術、健康、日常

1回のGet-VMで色々なVMプロパティを取得(PowerCLI)

概要 PowerCLIでvCenterから仮想マシン情報を取得可能ですが、目的のプロパティ群がGet-VMやGet-VMGuestなど複数のコマンドレットの出力にまたがる場合、各コマンドレットを実行しそれらの出力をマージするというのは煩雑です。 本記事は、シンプルに1回のGe…

VSCode v1.61以降のテレメトリー無効化(自動データ送信)

概要 VSCode v1.61以降、自動データ送信(テレメトリー)の設定パラメタが変更になったようです。 本記事は、VSCodeのテレメトリー設定の無効化についてまとめたものです。 本記事の目的 VSCodeの新旧のテレメトリー設定パラメタを理解する。 目次 概要 基本 V…

Systemdのネットワーク関連ユニット解説(After=network.target等)

概要 Systemdのユニットファイルの中にAfter=network.targetといった記述をよく見かけますが、ややこしい仕様なので、誤解の無いようネットワーク関連ユニットの概要を抑えておくことが大事です。 本記事は、Systemdのネットワーク関連ユニットの概要をまと…

時刻ズレを安全に復旧する(Linux,Chrony)

概要 「時刻同期できておらず、気付いたら時刻がズレていた!」という場合、復旧方法を間違えると大きなトラブルにつながりかねません。 本記事は、時刻ズレを安全に復旧する方法をまとめたものです。主に、RHEL7、CentOS7以降でOS標準のChronyを使用した環…

ESXiサーバのLAG設定

概要 VMware vSphere環境において、ESXiサーバの性能向上のためLAGを使用することがあります。リンクアグリゲーション、IEEE802.3ad(IEEE802.1AX-2008)のことです。呼び方は、ポートチャネルや、CiscoではEtherChannel、HPEではトランク等…。 本記事は、ESXi…

ESXiサーバのジャンボフレーム疎通確認(vmkping)

概要 VMware vSphere環境において、ESXiサーバの性能向上のためジャンボフレームを使用することがあります。NFSやiSCSIを用いたストレージ通信や、VMotionの通信などです。 本記事は、ESXiサーバにおけるジャンボフレームの疎通確認方法をまとめたものです。…

SPSSライセンスサーバのログ確認、最大同時使用数の確認

概要 IBM SPSS Statisticsをそれなりの規模で運用する際、ライセンスサーバを用意してコンカレント・ライセンス(同時使用ユーザ数)で管理することが多いです。 SPSSは高価なソフトウェアなので、保有するライセンス数を最低限に抑えられるとコスト削減になり…

Systemdでサービス管理

概要 Systemdは、RHEL7、CentOS7以降における基本的なサービス管理機能(などを含むシステム管理デーモンやツールの一式)です。従来はUpstart、SysVinitがありました。 本記事は、RHEL、CentOSのサービス管理に関するポイントをまとめたものです。 Systemdで…

Chronyで時刻同期

概要 Chronyは、RHEL7、CentOS7以降におけるデフォルトの時刻同期機能(NTP実装)です。従来はntpdがありました。 本記事は、常時起動させておくサーバシステムにおいて、時刻同期のためChronyを使用するときのポイントをまとめたものです。主に、RHEL7、CentO…