朝から昼寝

整理しておきたいIT関連の小ネタ

ノートPCをアームに乗せてデスクスッキリ

概要

在宅勤務に際し、ノートPC用のアームを購入したときの記録です。
マルチディスプレイは画面を真横に並べた方が使いやすいので、ノートPCをアームで持ち上げます。デスクもスッキリします。
本記事は在宅勤務環境について、ノートPC用のアーム選び関連の情報をまとめます。
お手ごろな在宅勤務用デスク周りのまとめ記事はこちらです。

私の在宅勤務スペース
私の在宅勤務スペース


目次

選び方

私が重視したポイントは以下です。

  • 1. デスク上はスッキリ(デスクマウント)
  • 2. 13インチのノートPCを固定
  • 3. アーム位置を上下左右+回転で調整可

1. デスク上はスッキリ(デスクマウント)

ノートPCを乗せる"台"をデスク上に置く方法だと、かさばります。なので、デスク上のスペースを消費しないデスクマウントタイプのアームを選びます。
デスクがスッキリしていると思考もスッキリします。掃除もしやすいです。

ノートPCを乗せるときは、外付けのキーボードとマウスを使用します。

2. 13インチのノートPCを固定

持ち運びしやすい13インチノートPCを使われている方も多いと思います。
それくらいの大きさのノートPCを乗せて、グラつきや滑り落ちが無い程度に固定できるものが良いです。

固定のための部品がノートPCの端子と干渉しないかどうかも重要です。

ちなみに、先ほどの画像にあるノートPCは、私物の富士通のUHシリーズ(WU2/B3)、ディスプレイが13.3型ワイドのものです。

3. アーム位置を上下左右+回転で調整可

関節(可動部分)が2つ以上あり、高さの調整と、水平方向の調整、回転方向の調整ができるものを選びます。
そんなに微調整できなくても良い場合や、スペースをできるだけ節約したい場合は、可動部分の少ないアームの方が良いでしょう。

買い方

ノートPC用アーム

以下のスペックが条件です。

  • デスクへの取り付けは、天板を挟み込むクランプ式
    • 机や壁に穴を開けるような取り付け(グロメット式)は大変なので不採用
    • デスク天板を傷つけないようゴムやクッション付属(or別途用意)
    • 使用しているデスク天板の厚みに対応
    • クランプ部品が、デスクの取り付けたい箇所に収まる
      • アームの寸法で、デスクに取り付ける部分の大きさや必要面積を要確認
      • デスクのフレームや金具など突起が無く平面になっているか、デスク側も要確認
  • 13インチのノートPCを搭載可能
  • ノートPC重量以上の耐荷重
  • アーム位置を上下左右+回転で調整可

商品探し

ノートPCを乗せるアームというものは、なかなか種類が少ないです。

私が購入したのは以下の商品です。

GREEN HOUSEのGH-AMNAという商品です。

以下、2022年10月時点のスペック補足です。

  • デスクへの取り付けは、天板を挟み込むクランプ式です。グロメット式での取り付けも可能です。
    • デスク天板を傷つけないようゴム付属("滑り止めゴム"として付属していますが傷防止にもなりそうです)
    • 対応している天板の厚みは20mm~なので、薄いデスクは注意が要ります。
      • 私のデスクは、厚み18mmくらいですが一応取り付けできました(自己責任で)。
    • また、クランプ部分は、天板に奥行き100mm以上、幅100mm以上のスペースが必要です。
  • 重量0.5~4kg、10~16インチのノートPCを搭載可能です。
    • サイドの固定は、上下にスライド可能なので端子部と干渉しないよう調整可
    • 下部のゴム突起で滑り落ちを防止
  • アーム位置を柔軟に調整可能です。
    • 上下、左右、前後、回転の調整が可能
    • 上下方向はガススプリング(何も乗せていないと一番上まで上がっていきます)
  • (補足)実は、作りとしてはVESA規格のモニターアームにノートPCを乗せられるプレート(天板)を足したものです。
    • プレートは、通常のVESA対応の金具に取り付けられています。もし将来的に使い方を変更する場合、このプレートを外し、VESA75(75mm×75mm)でそのままモニターを取り付けることができそうです(できるという仕様は見当たりませんが)。一方、VESA100(100mm×100mm)の方は金具の上部2か所のネジ穴が欠けているので取り付けは危ないように見えます。

少しスペックが違いますが、類似のアームは以下です。

これは、ノートPCとディスプレイの両方をマウントできてしまうタイプです。

これは、モニターモードとラップトップモードを使い分けられます。モニターとノートPC、どちらかを搭載可能です。

これは、上下の高さ調整ができない分、安価です。またアーム部分が省スペースです。

余談

わざわざノートPCを乗せるためだけのアームなんて必要無いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には何といってもデスクのスッキリ感に満足です。

お手ごろな在宅勤務用デスク周りのまとめ記事はこちらです。