朝から昼寝

ITや身近な小ネタをちょこちょこ整理

IERSのサイトでUT1-UTCのデータを見る(うるう秒)

概要

うるう秒による調整は、UTCとUT1の差を±0.9秒以内に保つことを基準に行われます。
本記事では、そのうるう秒の調整を行っているIERSが提供するデータを見てみます。

2035年までにうるう秒が廃止される件については、別記事にまとめてあります。

本記事の目的

  • うるう秒の調整の基準となっているUT1-UTCのデータを見る。


目次

基本

国際地球回転・基準系事業(IERS)

IERSは、International Earth Rotation and Reference Systems Serviceの略です。 日本語では"国際地球回転・基準系事業"と呼ぶようです。

ちなみに、IERSの本部はパリにあり、BIPM、CIPMもフランスのようです。これ関連(?)の機関はフランスに拠点があるようですね。

うるう秒の調整の基準となっているUT1-UTCのデータ

うるう秒による調整は、UTCとUT1の差を±0.9秒以内に保つことを基準に行われます。

そのUT1-UTC(DUT1)のデータを見てみます。

Plots for UT1-UTC - BULLETIN A All
Plots for UT1-UTC - BULLETIN A All
(Plots for UT1-UTC - BULLETIN A Allより)

だいたい-0.6秒くらいになったところでうるう秒が挿入(+1.0秒)されていることが分かります。

2020年くらいから、UT1-UTCが右肩上がり(箇所)になっているのは、地球の自転が速くなってきているためです。このままUT1-UTCの値が大きくなると、負のうるう秒による調整が行われる可能性があります。

詳細

辿り方

Plots for UT1-UTC - EOP 14 C04 (IAU2000) one file
Plots for UT1-UTC - EOP 14 C04 (IAU2000) one file
長期間のデータ(Plots for UT1-UTC - EOP 14 C04 (IAU2000) one fileより)

2000年以前の方が、頻繁にうるう秒が挿入されていたようですね。

その他のデータ

  • 本日分のデータ
    EOP of today

  • UTCに関する案内(これがうるう秒の実施有無に関する公式アナウンスかな)
    INFORMATION ON UTC - TAI
    "NO leap second will be introduced at the end of December 2022."と書かれています。
    …語弊がありますが、どこか桜の開花宣言と似たようなものを感じます。

参考URL