朝から昼寝

整理しておきたいIT関連の小ネタ

予算1.5万円でデスクスッキリなモニターアーム+ディスプレイ

概要

在宅勤務に際し、ディスプレイとモニターアームを購入したときの記録です。
IT系の仕事はマルチディスプレイ必須ですね。
本記事は在宅勤務環境について、手ごろなディスプレイとモニターアーム選び関連の情報をまとめます。
お手ごろな在宅勤務用デスク周りのまとめ記事はこちらです。

私の在宅勤務スペース
私の在宅勤務スペース


目次

選び方

私が重視したポイントは以下です。

  • 1. デスク上はスッキリ(デスクマウント)
  • 2. Full HD&24インチくらい
  • 3. 予算1.5万円以内

1. デスク上はスッキリ(デスクマウント)

ディスプレイを台座(スタンド)ごとデスクに置かず、アームに取り付けようと思いました。
デスクがスッキリしていると思考もスッキリします。掃除もしやすいです。

台座を置かない!
台座を置かない!

2. Full HD&24インチくらい

解像度はFull HD(1920×1080)、サイズは24インチくらいで十分と考えました。

  • 普通にドキュメント関連作業、オンライン会議、リモートでのシステム操作ができればOK。
    • ゲームやデザイン向けの高精細なものは不要。
  • 解像度が高過ぎると、オンライン会議で画面共有時に調整が面倒。
    • 例えば、解像度の高い2つ目のディスプレイを画面ごと共有した際、それを見る参加者が小さな画面のノートパソコン等を使っていると、共有した画面内の文字や図表を判読しづらい(小さい画面の参加者に合わせて表示倍率の調整が必要)。
  • 画面サイズは、デスクのサイズや自分の視力等に合わせて、24インチを選択。
    • なお24インチ以内であれば、アームに取り付ける際のVESA規格(後述)に対応したディスプレイを探しやすい。

画面共有するディスプレイの解像度の限度は…?
画面共有するディスプレイの解像度の限度は…?

3. 予算1.5万円以内

ディスプレイとアームで合計税込み1.5万円以内を目安にしました。
もちろん予算に余裕があればもっと良いものが買えるのですが…今回は手ごろ感重視ということで、そこそこの中古品を選びます。

買い方

ディスプレイ

以下のスペックが条件です。

  • 台座を取り外せる
  • VESA規格対応
    • 75×75mm(VESA75) or 100×100mm(VESA100)
  • Full HD(1920×1080)&24インチくらい
  • HDMI入力
  • アームの耐荷重以内の重量
  • そこそこの状態(これは個人差ありますが)
  • HDMIケーブルも忘れずに
    • スリムタイプがオススメ

VESA規格

VESA規格について補足説明します。

ディスプレイをアームに取り付けるためには、VESA規格に対応したディスプレイとアームを用意する必要性があります。購入時に確認が要ります。
VESA規格は、24インチ以下のディスプレイであれば、75×75mm(VESA75)と100×100mm(VESA100)の2種類です。この2種類のサイズを変換するための部品も売っています。
注意点として、例えばディスプレイのVESAの取り付け部分が周囲より凹んでいる場合、アーム側の金具が干渉して(引っかかって)ネジ止めできないケースもあります。ディスプレイ背面の起伏やアームの金具の形状には要注意です。

24インチより大きなディスプレイについては、上記のVESA規格とは異なるサイズの場合もあります。
以下のサイトが参考になります。
VESA規格とは|サンワサプライ株式会社

VESAマウント
VESAマウント

商品探し

今回は手ごろ感重視で中古品を探します。
例えばAmazonでも中古のディスプレイが販売されているので、希望スペックのものがそこそこの状態で見つかれば買いでしょう。

私が購入したのは以下の商品です。

メーカーの製品ページでもスペックを確認しておきます。

VESA対応については、"フリーマウント 100mm×100mm(VESA規格対応)"と記載があります。
重量については、"6.1kg(3.9kg スタンド含まず)"と記載があります。スタンドを外すと3.9kgです。

HDMIケーブルはスリムタイプの方が配線が楽です。必要に応じ"やわらかケーブル"のものも選べます。
(私はスリムでない普通のHDMIケーブルを購入してしまったので、ちょっと不便です)

モニターアーム

以下のスペックが条件です。

  • デスクへの取り付けは、天板を挟み込むクランプ式
    • 机や壁に穴を開けるような取り付け(グロメット式)は大変なので不採用
    • デスク天板を傷つけないようゴムやクッション付属(or別途用意)
    • 使用しているデスク天板の厚みに対応
    • クランプ部品が、デスクの取り付けたい箇所に収まる
      • アームの寸法で、デスクに取り付ける部分の大きさや必要面積を要確認
      • デスクのフレームや金具など突起が無く平面になっているか、デスク側も要確認
  • VESA規格対応
  • ディスプレイ重量以上の耐荷重
  • 関節(可動箇所)が3つほど
    • モニタの位置や角度を微調整のためだが、3つでなく2つでも良い

デスクへの取り付けができないと悲惨なので、天板への取り付け関連の仕様は細かく確認した方が良いです。

クランプ式はデスク天板裏のスペースや天板厚みに注意
クランプ式はデスク天板裏のスペースや天板厚みに注意

なおデスクの選び方についても、別の記事で紹介しています。

商品探し

そんなに高くないので、アームの方は新品を買います。
さらにコストを抑える場合、ネットオークション等の個人売買で安い中古品は見つかりそうです。

私が購入したのは以下の商品です。

耐荷重は最大10kgですので、今回購入したディスプレイは問題ありません。
取り付け可能な天板は、"厚さ 10~80mm/奥行き100mm以上"と記載があります。
デスクの天板が薄い場合、厚さ10mmから対応しているものを選ぶことになるでしょう。
天板を傷つけない保護マット付きです。

同条件で、このあたりも手ごろです。

以下は、ノートPCとディスプレイの両方をマウントできてしまうタイプです。

余談

私の購入時点で、ディスプレイ9,800円+アーム3,980円だったので、合計14,000円弱となり予算内に無事収まりました。
何といってもデスクのスッキリ感に満足です。
IT系の仕事はマルチディスプレイ環境でないと効率が悪いケースが多いので、在宅勤務環境を整える際には是非。

ちなみに、ノートPCでもトリプルディスプレイ環境は作れるので、ディスプレイを3つ使いたい場合は、2つのディスプレイを取り付けられるアームを選んでも良いでしょう。
例えば、ノートPCがHDMIポート(1つ目の外部ディスプレイ)とUSB Type-C(1つ目の外部ディスプレイ)を備えていれば、ノートPC本体の画面と合わせて3つのディスプレイを使用できます。

お手ごろな在宅勤務用デスク周りのまとめ記事はこちらです。